トレスコ(Tracerco)T401 ベクレル測定器
(食品・土壌・水などの表面汚染放射線測定用)

放射線測定器
製造元:英国TRACERCO (トレスコ)
価格:お問い合わせ
納期:約2週間
カタログのPDFダウンロードはこちら
注文・見積

トレスコT401 の特徴

  • T401ベクレル放射線測定機は、cps またはBq/cm2 単位で放射能の表面汚染測定に使用します。
  • 瓦礫、食品、人体、地面、その他の物体などにかざし、その対象物の表面放射能をベクレルで測定します。
  • バックグランドの空間線量測定後に表面汚染測定をすると自動的に空間線量値を差し引いて ベクレル表示してくれるので、食品や土壌そのものの表面汚染状況を正確につかむ事が出来ます。
  • 0.0~100000Bq/cm2 の広範囲の測定レンジがあるので、確実に表面汚染の安全度を確認できます。
  • α線/β線測定への高い感度があり、特に食品や土壌などの表面汚染測定に対して高精度測定ができます。
  • 14種の核種選択でBq/cm2に自動変換して表示(標準はセシウム137)。
  • 測定精度に対する信頼性を保証するために、校正時期を明示するサインを自動表示するようになっている。
  • 放射線測定器の分野で、世界有数メーカーの英国トレスコ社製


トレスコ T401 の仕様

測定対象放射線α線、β線、γ線
エネルギー範囲α線 >2 MeV, ベータ線 >100 keV
検出器端窓 (end-window) GM管(直径5.0cm)
測定単位cps または Bq/cm2(切替可能)
測定範囲1 ~ 99,999 cps、0 ~ 99,999 Bq/cm2
CPS直線性測定範囲に対して±15%
サイズ・重量255 × 105 × 110 mm、1035g(バッテリ込み)
電源9Vアルカリ電池 1本 約100時間使用可能
適合動作温度-10℃ ~ 40℃、操作時
外部接続なし
製造メーカー英国TRACERCO (トレスコ)
付属品日本語取扱説明書、校正証明書(*)

(*)校正証明書:英国では法規制が厳格で1年に一度校正が義務付けられています。 従って、トレスコ社の全製品には、校正時期を明示するサインが起動と同時に一時表示される仕組みになっています。

(購入上のご注意)
トレスコT401は、空間線量を正確に測定をする機器ではありません。 内部被曝の危険から人体を守るために、土壌や食物などの『表面汚染』を測定する機器で、特にアルファ線とベータ線に対する高感度な放射線測定器です。
人体への外部被曝の放射線量をより正確に知るためには、空間線量測定器をお求めください。

国民生活センターの放射線測定器テストとトレスコT401

市販のγ線測定器では食品・飲料水等汚染検出も出来ず、また 暫定規制値以下かどうかの測定も全くできないことがこの 国民生活センターの放射線測定器テスト で明確になりましたが、トレスコT401では以下のようにして、食品汚染などのスクリーニングテストを行うことができます。

  1. バックグランド値を測定するモードで、1分間、空中の自然放射線を測定する
  2. 測定精度は 0.5CPSからで、おおよそ0.002μSv/hに相当するバックグランド値の計測が可能
  3. その後 Bq/cm2測定モードに切り替え、測定物の表面に検出器を当てることにより表面汚染を測定
  4. 数十秒後、測定値からバックグランド値が自動的に引かれた正味の表面汚染値が表示
  5. 表示単位は Bq/cm2で、本器の場合おおよそ 0.15Bq/cm2 で40Bq/kgに相当と判定
    (セシウム137で換算した場合)
  6. 目安の値を超えている場合は、汚染レベルが基準を超えている可能性が高いので、専門の分析センターに持込み、 精密測定を依頼する

放射能の表面汚染測定にはβ線用測定器が必要

個人向けの放射線測定器やガンマ線線量計は、空気中の放射線量を測る物なので、 物質表面に蓄積された放射線量を測定するには適していません。
土壌、食品、機器類などの、放射能の表面汚染を外部から正確に測るには、
β線を検出でき、CPS(一秒あたりの放射線量)やベクレル(Bq/cm2)単位で測定できる放射線測定器 が必要です。
英国TRACERCO社のT-401表面汚染測定器は、「α線、β線」の測定に高感度性能があり、 表面汚染の計測に最も適した機種の一つです。
国内でも、各地方自治体や公共機関での表面汚染測定器として使用されています。
なお本器は、測定基準を決めるための核種選定はできますが、核種の同定を行う測定器ではなく、 核種ごとの線量は測定できませんのでご注意ください。


また、食品の放射能汚染の測定を、現状の国の基準を満たすために厳密に行う場合は、 超純度ゲルマニウム半導体レーザー測定器(2~3千万円)レベルの検査器が必要です。

半導体レーザー測定器を持っていない食品流通業者の方は、 「財団法人日本分析センター」に 食品サンプルを持ち込んで、国の基準をパスできるかどうか検査してもらうことが必要です。

トレスコT-401 表面汚染測定器を食品汚染の検査に使う場合は、 スクリーニング用一次検査測定器としてのご使用が適切な使い方です。