放射性核種分析器 SAM940

放射性核種分析器
製造元:米Berkeley Nucleonics社
価格:お問い合わせ
納期:1ヶ月以内
注文・見積

放射性核種分析器 SAM940 の特徴

  • 放射線の量と種類を分析・特定するための測定器
  • 片手で操作可能なポータブル核種同定装置
  • 核種同定、スペクトル測定、線量率測定、中性子線計数率測定が行えます
  • 初心者でも簡単に核種の探索ができ、専門家レベルの核種同定が行えます
  • 最大3*3インチNaI検出器を搭載で、複数核種混在環境下での同定が2,3秒で行えます。
  • SDカードにスペクトルデータを10,000個まで保存可
  • オプションで中性子線の測定にも対応
  • 検出部が脱着でき、複数の検出部の選択使用が可能
  • ダイヤルサーチモード、バーグラフサーチモード、スペクトルサーチモードでのグラフィック表示により 現在の線量や、トータルの計数率、線量率、代表的な核種ごとの計数などを一目で見ることができます。


SAM940 の仕様 (SAM940-2GN)

内蔵検出器2×2インチNaI、1.5×1.5インチ LaBr、中性子用LiI検出器
分解能7% @662keV (NaI)、2.8% @662keV (LaBr)
線量率0.1nSv/h~100μSv/h
エネルギー範囲18keV~3.0MeV
スペクトル長 1024チャンネル
スペクトルメモリ 10,000個スペクトルを本体(CFカード)に保存可能
スタビリゼーションNORMによる自動スタビリゼーション
アラームビジュアル(スクリーン)、オーディオ(内部スピーカ)
キャリブレーションK-40による自動エネルギーキャリブレーション
バッテリータイプ単3電池×8本 (充電タイプ可)
サイズ305×102×127mm(検出器含まず)
重さ2.0kg (2×2インチNaI検出器。バッテリー含む)
電源単3電池×8本 (充電タイプ可)
動作温度-20℃ ~ +50℃、操作時
外部接続イーサネット、CFリーダ(USB)
製造メーカー米Berkeley Nucleonics社
付属品日本語取扱説明書、ACアダプタ、専用ケース

SAM940は放射能汚染原因の特定のための測定器

放射線核種分析器

一般的なGM サーベイメータは、
γ線・α線・β線・X 線の総和を積算して、Cs137 相当として線量を算出し 全放射線量を積算するための測定器です。
従って、GM サーベイメータでは放射性物質の特定まではできないので、 放射線量の増加原因、汚染原因などを分析することまではできません。

放射線核種分析器 SAM940 では、搭載されているNaI(Tl)シンチュレーション検出器により、 放射線(γ線)のエネルギー分布を広範囲にわたって測定することができるので、 天然の放射線量が増加したのか、人工放射性物質(I-131,Cs-137 等)が増加したのかなどを特定することができます。 このことは、汚染原因を調査する重要な手がかり情報を提供し、その後の対応の決定に大きな役割を果たすことになります。

SAM940シリーズでは更にエネルギー判別能力を高めた、新結晶LaBr 検出器もあります。 より高分解能なLaBr 検出器によるスペクトル測定により、より多くの放射性物質の分析と特定をすることができます。
SAM940 はユーザの使用目的に応じて様々なデータ表示モードを用意した、N42.34 ANSI規格の新世代スペクトルサーベイメータです。 SAM940のキャリブレーションに関しては、Cs137 標準線源(日本アイソトープ協会製)により簡単に実施することもできます。

SAM940シリーズの商品ラインナップ

モデル名サイズ・検出器分解能中性子線検出価格
940-2-G2x2 NaI 7%不可お問合せ
940-2-GN2x2 NaI, 6Lil 7%
940-3-G3x3 NaI7%不可
940-3-GN3x3 NaI, 6Lil7%
940-2-L1.5 x 1.5 LaBr2.8%不可