ガイガーカウンターとは?

表面汚染の測定、空間放射線量率の測定、個人被ばく線量の測定、核種分析、食品汚染レベルの判定など 用途によって放射線測定器、線量計の種類は異なります。 ここでは、主に表面汚染の測定、空間放射線量率の測定、個人被ばく線量の測定などに簡易的に使用されるガイガーカウンターについて説明します。


ガイガーカウンターの用途と機能

ガイガーカウンターの使い方

ガイガーカウンターは、放射線検出器の一般名称として使われることが多いのですが、 実際には、限定された目的のための放射線測定器で、万能用途ではありません。

放射線測定のための検出器を選択する際には、ガイガーカウンターと言う一般名称ではなく、 どのような目的で放射線測定を行うかを明確にした上で、機器選定する必要があります。

ガイガーカウンターは、ガイガーミューラーカウンターとか単にGM管、あるいはハロゲンカウンター等とも呼ばれ、 電離放射線の数を測定する放射線検出器です。

ガイガーカウンターは、主にベータ線とガンマ線検出に使用されますが、アルファ線や中性子線用の検出器もあります。 GM管に入って来た放射線の光子や電子は、電流に変換されて、それが内部で計算されて、 放射線の測定値として表示されます。

ガイガーカウンターは放射線の種類を区別することは出来ず、放射線量(計数率)としてカウントするだけです。
実際に放射されている全ての放射線量をカウントできるわけではなく、検出器のサイズや性能によって、実際のカウント数は異なります。 これを検出器の機器効率もしくは計数効率と言って、それらを内部で統計的に計算して、おおよそのカウント数として表示します。
また、自然放射線以下の低レベルの放射線量を測定するのには適していません。


ガイガーカウンターの原理

ガイガーカウンターの原理


ガイガーカウンターの中身は、不活性ガスを封入した管の中心部に電極を取付けた構造で、 放射線がこの管を通り抜ける際に不活性ガスが電離して、パルス信号が流れます。 その信号の数を放射線の検出数としてカウントします。

この仕組では、放射線のエネルギーの大きさをパルス信号の強さに比例させることが出来ないので、 ガイガーカウンターは、放射線の種類を識別できず、単に放射線の数をカウントするだけになります。
例えば、1円玉と10円玉の区別ができず、数としてカウント出来るだけの能力です。

それでも、放射線の表面汚染測定や空中の線量測定には十分な機能を持っていて、 放射線測定器としては、最も一般的に使用されている機器です。

ガイガーカウンターに対して、低レベル線量の測定や放射線のエネルギー測定も可能なシンチレータ式の検出器があります。


原理的には簡単な仕組みなので、学校の授業レベルでも制作でき、市場にも外国製の安いものが沢山出回っています。
しかしガイガーカウンターは、壊れやすくまた計数カウントの信頼性に問題がある場合も多いので、 信頼出来るメーカー品を買わないと、「安物買いの銭失い」になり易い放射線測定器でもあるので注意が必要です。


当サイトで販売中のガイガーカウンター

当サイトで販売している放射線測定器は、いずれも欧米の有力メーカー品で、 信頼性、保証、メンテナンスなどにおいて、心配のない機器のみです。


食品・土壌・草木・物品などの表面汚染測定用(ベクレル単位):
空間線量を測定する(シーベルト単位):
空間線量と表面汚染を両方測定する(ベクレルとシーベルトの切替可能)